芸能人

2度と見れない黒歴史!広瀬アリスは仮面ライダーとしてAV女優と戦っていた

美人姉妹として、姉妹とも芸能界で活躍している広瀬アリスさん。

実は、広瀬アリスさんが仮面ライダーだったと知ってますか?

今回は、広瀬さんが演じた女仮面ライダーについて調べてみました!

 

すると、一部のファンには不評だったり、黒歴史では?と言われている事実が発覚!

他にも、女仮面ライダーの悲しい最後などもありましたので、ぜひ最後までご覧ください。

広瀬アリスは仮面ライダーだった!

実は、広瀬さんがデビューまもない2009年、仮面ライダーに登場する「電波人間タックル」というキャラを演じていたんです!

広瀬さんは当時14歳で、「ミスセブンティーン」を受賞した年に出演。

「電波人間タックル」とは、もともと「仮面ライダーストロンガー」(1975年)に出てきた初の女性ライダーなんだとか!

これが本当に仮面ライダー?と思ってしまいますが、厳密には仮面ライダーという扱いではないとの事。

タックルはてんとう虫がベースになったサイボーグという設定なので、てんとう虫の仮面をつけて、赤いミニスカを履いています。

この衣装が可愛い!と、ファンの間では人気なんだそうですよ!

仮面ライダーファンには、なぜ不評?

「電波人間タックル」を広瀬さんが演じましたが、そのことについて賛否両論があるみたいなんです。

肯定派と批判派の両方の意見を見てみましょう!

 

肯定派

肯定派の意見は、「タックルを演じた広瀬アリスが可愛い!」「もう一度見たい!」という意見が多いようですね!

 

批判派

それに対して否定派の意見としては、初代タックルを演じた岡田京子さんが27歳の若さで亡くなった事。

タックルが敵と自爆する役だという事もあったため、ファンからは、

「もうイベントに集合しなくていい」「引退させてやりたい」という思いがあるんだそうです。

広瀬アリスにとっては黒歴史じゃない!

電波人間タックルは、広瀬アリスにとって黒歴史なのか?と疑問に思う方がいるようです。

人によっては、恥ずかしい格好に見えますし、カッコいい役ではないので、黒歴史に映ってしまうのかもしれません。

しかし、調べてみると、事務所のプロフィールにはきちんと掲載されていました。

出典:http://www.web-foster.com/pc/artists/Hirose/ALICE

 

それに、広瀬アリス本人も、「私、タックルっていうのをやった事あるんです」とインタビューで語っていたようです。

出演を隠してはいないため、決して黒歴史とは思ってないようですね。

電波人間タックルの悲しい最後

広瀬さんが演じた「電波人間タックル」ですが、タックルは劇中で悲しい最後を迎えます。

タックルは、「仮面ライダーディケイド」と「仮面ライダーW」の競演映画である「MOVIE大戦2010」に登場。

主人公・門矢士(かどやつかさ)と一緒に行動する女性戦士です。

タックル自身はかなり弱いですが、世界を的に回してでも悪と戦う門矢士を、影から支える存在であり続けました。

しかし実は、かつて蜂女という怪人と戦った際に自爆したため、彼女自身は魂が実体化した存在なのです。

そのことをあるきっかけで知ってしまい、自分の居場所も同時に探していました。

そんなタックルの最後は、自分を犠牲にして仲間を守り、「士(つかさ)のおかげで居場所ができた」と笑顔で消滅しました。

タックルの最後は悲しいものだったのですね。

世間の反応

最後に世間の反応を見てみましょう。

広瀬アリスさんが仮面ライダーに出演していた事は意外と知られていなかったようですね!

そして、最近知った方には、可愛いコスチュームが人気のようです。

-芸能人

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2022 エンタメLovers Powered by AFFINGER5