芸能人

2浪もしたのに中退!小泉孝太郎が日本大学卒を隠し続ける理由が残念!

政治家一家に生まれた小泉孝太郎さん。

世間的には、卒業した大学について気になる方が多いようです。

 

確かに、小泉孝太郎さんと言えば、元総理大臣を父に持ち、弟は環境大臣。母親は大企業の孫娘というすごい一家の長男は、

どんな大学に通ったのか?って、気になっちゃいますよね!

そこで今回は、小泉孝太郎さんの大学について調べました。

 

すると、なぜか出身大学を隠していたり、2浪したのに中退と、意外な事実が発覚!

ぜひご覧ください。

小泉孝太郎が通った大学を検証!

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/zerogakari3/cast/koizumi.html

小泉孝太郎さんが通った大学はどこなんでしょうか?

調べてみると、通っていたと言われている大学が二つあるようです。

 

慶應義塾大学卒という説

出典:http://stat.ameba.jp/user_images/ec/77/10054303768.jpg

まず1つ目は、慶應義塾大学説です。

こちらを調べてみましたが、慶応に通っていたという情報はありませんでした。

出典:https://www.kantei.go.jp/jp/rekidainaikaku/089.html

ただし、父・小泉純一郎さんが通っていたのが慶應義塾大学だと判明!

純一郎さんは、東大を目指して2浪したらしいんですが、挫折し、慶應義塾大学経済学部に進学して卒業しています。

ファンからは、

おそらく、父が慶應大学だったので、孝太郎さんも慶應大学卒業と勘違いされたんではないでしょうか!

 

日本大学経済学部の夜間部という説

出典:https://www.pinterest.jp/pin/856317316659505368/

次に噂されているのが、2浪して日本大学経済学部夜間部に通っていたというものです。

「まさか、元首相の息子が夜間部?」と思いながらも調べてみました。

調べてみると、2浪したというのはインタビューで語っていたので事実でした。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/55098795426455402/

小泉孝太郎「すぐに大学に入らずに、ワンクッション置きたかったんです。」

出典:TV「サワコの朝」より

 

しかし、孝太郎さんが同大学に入学していたという確証はなかったんです。

孝太郎さんへの学生時代のインタビュー記事があったので、「大学のことも語ってるかも?」と思って確認しましたが、

なぜかプロフィール欄には大学名だけ記載されていませんでした。

 

日本大学経済学部夜間部の偏差値は45程度らしいので、「あまり公表したくないのか?」とも勘ぐってしまいますね。

他にもなんと!祖父の小泉純也さんが、日本大学法学部政治学科の夜間部に通っていたそうなので、もしかすると情報がごちゃ混ぜになっている可能性もあり得ます。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E7%B4%94%E4%B9%9F

(関係ないですが、小泉純也さんって、純一郎さんにそっくり、、笑)

 

ファンの方々も、

とコメント。

結局、孝太郎さんが通っていた大学は、はっきりとわかりませんでした。

 

しかし、大学に通っていたことは確実なようで、朝日新聞のインタビューでは、

「2浪して大学には行きましたが、中退し、思い切って芸能界に入る挑戦をしました。」

と語っていたんです。

 

もしかすると、中退したから大学名を公表していないのかもしれませんね!

そうじゃなければ、大学だけ公表しない理由がありませんから。

そうなると、日本大学の夜間部に通っていた可能性が一番高いかと思います。

小泉孝太郎は、そんなに頭は良くない

出典:https://www.pinterest.jp/pin/679762137491193739/

代々政治家をしてきた小泉家。

そんな小泉家の血を受け継いでいる孝太郎さんは、「当然、頭がいいんだろう!」と思いますよね!

学生時代はさぞ成績もよかったんだろう、、、と。

 

しかし、インタビューで本人が語っていたのは意外な答えでした。

出典:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/30/gazo/G20130330005506400.html

小泉孝太郎「学生時代は野球第一だったので、勉強は赤点さえ取らなければいいや、と思っていましたね。

孝太郎さんは意外にも勉強しない生徒だったんですね!

 

じゃあ、「頭が悪いのか?」というと、それも違うようで、

「ただ、なにか一つのことには集中力を発揮できるタイプ。

例えば、学生時代の「英単語テスト」みたいなのは、学年で断トツで一番でした。

だから担任には「どうしてその集中力を普段出さないんだ?」とよく言われたんです(笑)」

やれば出来る子だったみたいですね!笑

他にも、

「たぶん、熱しやすくて冷めやすいのかな。

だから3カ月間だけ集中してドラマを撮るような俳優の仕事は、自分に向いているんだと思っています。」

と語っていました。

 

成績は決して良くなかったみたいですが、短期的な集中力を出すのは得意らしく、芸能界では才能を発揮するみたいですね!

たぶん、アーティスト気質なのではないでしょうか!?

なぜ偏差値の低い大学へ行ったのか

世間では、孝太郎さんは日本大学経済学部の夜間に通っていたと思われているため、

と、偏差値の低い大学へ通っていたことを疑問に思っている方が多いようです。

 

確かに、父・純一郎さんは慶應大卒ですし、弟・進次郎さんは米・コロンビア大学院を卒業しています。

孝太郎さんの低学歴がよけいに目立ってしまいますよね!

出典:https://president.jp/articles/-/20387?page=1

調べてみると、孝太郎さんは高校時代に大学進学でとても悩んでいたことが分かりました。

 

高校時代についてのインタビューにて、孝太郎さんは、

「若いころは苦しかった。

僕は長男なので、地元では『小泉家の後を継ぐだろう』って思われていたんです。当然ですよね。

だから、『敷かれたレールに乗らなければ』と思っていた反面、『そんな苦しいことはできない…』とも思ってしまっていたんです。」

と、周りの期待と自分の意思の間で苦しんでいたことを告白。

「大学に進んで、就活して〜という敷かれたレールから離れたかった。

父には申し訳なかったんですが、一旦立ち止まって考えたかった。」

と、政治家になるために大学に進むことに抵抗があったといいます。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/51580358216407070/

そんな孝太郎さんに、父・純一郎さんは意外な事を言ってくれたそうで、

「無駄な4年間を過ごすんだったら、大学になんて行かなくてもいい。

他にやりたいことがあれば挑戦してみなさい」と言ってくれました。

ただし、「責任は全部自分にかかってくるぞ。就職活動も全部、自力でやってみなさい」

と、無理に自分と同じ道に進ませることはなかったと言います。

他にも、高校3年の時の担任がすごく熱心な女性の先生だったらしく。

「あなたが一番没頭できたり、熱中できるものを探しなさい」

と、親身になって進路について考えてくれたそうです。

 

当時の孝太郎さんは、家族や先生の理解があったからこそ、高学歴にこだわらずに進路の選択ができたという事ですね!

 

ファンの方々からは、

というコメントがありました。

大学時代のエピソードを紹介

高学歴にこだわらず、自分の夢のために大学を選んだ孝太郎さん。

そんな彼の大学時代のエピソードを紹介します。

 

コネは使わず、肉体労働をしていた!

大学時代、孝太郎さんはアルバイトをいくつかしていたそう。

そして、そのアルバイトというのが、まさかの肉体労働だったといいます!笑

政治家の息子なので、てっきりコネを使って割の良いバイトをしていたと思っていましたが、意外ですよね!

孝太郎さんは当時の事を、

アルバイトもいろいろやりました。テキ屋とか家の解体とか、ニッカボッカ着てやってました。

体動かしてお金もらうのがすごく気持ちよかったんですよ。

解体では、畳をはがしたり、窓ガラスを割って1日のバイト代6800円だった事とか忘れられないですね。」

と、バイトの経験を語っていました。

 

孝太郎さんも、私たちと同じ普通の生活をしていたとは、、、意外ですね!

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E5%8F%88%E6%AC%A1%E9%83%8E

ちなみに、孝太郎さんのおじいさんである、小泉又次郎さんは、とび職人から政治家になった方なんだとか!

そのため、おじいさんに憧れてとび職をやったこともあるそうですよ〜。

 

YOSHIKIに芸能界へ誘われていた!

大学時代のとんでもエピソードの一つに、

「X JAPANのYOSHIKIに芸能界へ誘われていた」というエピソードがあるそうなんです。

TV番組「モニタリング」に出た孝太郎さんは、大学時代に地元である横須賀の「hide MUSEUM」でアルバイトをしていたと語っていました。

出典:https://eee-plan.com/event/56391

そこで、来館したYOSHIKIと対面!

「頑張ってこっち(芸能界)においで」と声をかけられたそうなんです!

出典:https://plus.tver.jp/news/117356/photo/0/

YOSHIKIさんは孝太郎さんの才能を見抜いたらしく、「彼、芸能界に入れたほうがいいよ」と、関係者に言ってくれたのだそう。

まさか、孝太郎さんがYOSHIKIと繋がっていたとは思いませんでしたね!

 

そして、当時のYOSHIKIさんの一言で小泉さんは奮い立たったらしく、「YOSHIKIさんのその言葉のお陰でここまで来ることが出来た」と語っていました。

ファンの方々からは、

というコメント。この2人の再会には、感動した人も多かったみたいですね。

 

大学を中退していた

出典:http://hageiyada.seesaa.net/article/431500294.html

大学には通っていた孝太郎さんですが、実は、中退していたそうなんです!

周りの期待とは逆に、大学を中退なんて、、、思い切った事をしますよね!

 

孝太郎さんはインタビューにて、

大学には行きましたが、中退し、思い切って芸能界に入る挑戦をしました。

今考えても、あの父じゃなかったら許されなかったでしょうね。

総理大臣の息子が、大学を中退して芸能界に入るなんて、、、普通はあり得ないですから。

でも父は『孝太郎の人生だからやってみなさい』と言ってくれました。」

と語っていました。

 

まさかの父親も認めた決断だったんですね!

ファンの方々からは、

というコメント。孝太郎さんが中退していたことは、知らない方が多いみたいですね!

政治家一家なのに、なぜ俳優になった?

出典:https://www.asagei.com/excerpt/91871

ひいお爺さんの時代から、ずっと政治家をしてきた小泉家ですが、孝太郎さんはなぜ急に俳優を志したんでしょうか?

調べてみると、政治家の息子ならではの葛藤や苦労があったことが分かりました。

孝太郎さんはインタビューにて、

「家に後援会の方が常に出入りして「坊ちゃん、坊ちゃん」と言われてました。

だから、地元にいればずっと「小泉純一郎の息子」として生きていかなければならないことはわかっていたんです。

でも僕は「自分の人生を歩みたい」と思ったんですよ。

と、幼い頃から「自分の人生を生きたい」という思いが強かったんだとか!

 

そして、

「小泉純一郎の息子じゃなく、小泉孝太郎として活躍できそうな芸能界にはすごく憧れがあった。」

と、自分が活躍できる場を芸能界に見出していたんだそうです。

 

でも、純一郎さんには、「政治家になれ」と言われなかったのでしょうか?

「父からは常に、『自分が夢中になれることを探しなさい』と言われ続けてきました。

だから、父から「政治家になれ」と言われたことは僕も弟の進次郎(衆議院議員)も一度もありません。

むしろ「政治家にはなるな」と言われていました。あんなに苦しい仕事はないぞ、と。

 

純一郎さんは自由な教育方針だったみたいですね!

出典:https://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/87.html

自分は政治家のような現実的な仕事ではなく、夢のある世界にひかれていました。

芸能界には、自分が求めている刺激や答えがあるような気がしたんです。」

 

そう語る孝太郎さんは、2001年に父である小泉純一郎さんが総理大臣に就任された事がきっかけで芸能界からオファーが殺到!

24歳で、ドラマ「初体験」で俳優デビューしました。

世間の反応

最後に、小泉孝太郎さんの大学について、世間の反応を紹介します。

政治家の息子なのに、2浪して中退したり、低学歴だったことは意外に思われているようですね!

でも、苦労していることが逆に好印象に思っている方も多いようです。

-芸能人

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2022 エンタメLovers Powered by AFFINGER5